コラム

VMware WorkStationにOSをインストールするときのちょっとした落とし穴(Pane is dead)

CentOS8の検証環境が必要になったので、自分のPCのVMware WorkStationにインストールしてみました。
そして速攻でハマりました。なお、自分の環境は以下です。

OS:Windows10
Workstation Player:15.5.1



Pane is dead

こう画面に表示されてインストールが始まらない。。。

設定を見てみると、CentOSのインストール用のiso以外に CD/DVDが追加されていて、
autoinst.isoをマウントするようになっていました。



いったん仮想マシンをシャットダウンして、これを削除、もしくは”起動時に接続”を外すと
インストールをすすめることができました。


そもそもインストールのときに”インストーラディスクイメージファイル”を選択して
進めたのがよろしくなかったようです。
“後でOSをインストール”をすると、autoinst.isoはマウントされませんでした。



Workstation Playerをお使いの方のお役に立てれば幸いです。




~仮想環境の障害対応の自動化もAMFで!~


AMFサービスの紹介ページは、以下よりご覧ください。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

           お問い合わせへ