障害対応の無人オペレーション、
一次対応の自動化ができるクラウド型サービス

image

サービス概要

about service

アラートメールフィルターサービスとは?

障害対応の無人オペレーション、一次対応の自動化ができるクラウド型のサービスです。

※監視システムからのアラートに対し、対応すべきアラートかの判断(フィルター)、
対応者への自動通知、及び対応の自動実行(アクション)、
対応した履歴を蓄積・管理(インシデント管理)するクラウド(Software as a Service)型のサービスです。
※監視ツールに制限がないため、手軽に導入が可能です。

メリット

merit

ー 選ばれる4つの理由 ー

1.
手軽に導入可能
image

アラートメールの送信先に AMFを加えるだけで、利用可能

メールの送信先追加でAMFの利用開始可能。
既存の監視ツールやクラウド管理ツールを変更する必要なし。(監視ツールに制限なし)
MSPベンダーに利用させることで対応工数が削減され、コスト削減に貢献。

2.
柔軟なフィルター設定
image

柔軟に設定が可能
(正規表現の利用が可能)

大量アラートでも対応が必要なアラートのみを通知し、即時対応が可能。
フィルター設定は、件名や本文中の文字列、検知時間、検知回数等、柔軟に設定が可能。
一時的なメンテナンス作業等、障害ではないアラートの事前排除が可能。

3.
多様なアクション機能
image

多様なAPI連携を実装
「自動化」「無人化」を推進

メール、Slack、SMS等、多様な通知が可能。
自動での電話通知も可能。
手順や手順書の在り処を付与した通知メールを送信可能。
スクリプトを自動実行し、無人での障害復旧対応が可能。

4.
すべてのインシデントを蓄積
image

データ蓄積による分析が可能
運用改善を推進

すべてのアラートを保管し、障害の履歴管理が可能。
検索機能により、過去の実績を活用した迅速な対応が可能。
過去の障害に対し、傾向分析、及びその対策(改善)を図ることが可能。

AMF活用例

Example
  • アラート件数(対応すべきアラート)を削減したい

    フィルター機能により対応すべきかどうかを自動判別

  • アラート受信後の電話エスカレーションを自動化したい(ヒトが介在せずに電話で連絡がほしい)

    アラート内容に基づき、静観、メール、電話の切り分けが可能
    電話の場合は、AMFが担当者に自動で架電
    関係者一斉電話や、ローテーション管理を実装

  • リモートからAWSインスタンス再起動したい

    PCが利用できない環境でもメールやSlackからAMFに連絡をすることで、
    AWSコンソール経由で自動再起動が可能

  • AWS CloudWatchと連動した障害復旧の自動化したい

    CloudWatchが検知したアラートをもとに、再起動を自動で実行し障害復旧対応を行う

  • 有人対応を絡めた安価な運用サービスを利用したい

    AMFを利用し自動化を行うことで、有人対応とのハイブリッド運用が実現し、
    100%有人に比べ、安価に運用サービスが利用可能

  • 監視ツールに依存しない、複数ツールからのアラートを一元管理したい

    メールやREST APIでのアラート取り込みのため、
    監視ツールに依存しないインシデント管理が実現
    一元化されたインシデントはRedmine等他のツールとの連携も可能

  • アラート内容により対応すべき手順や手順書の在り処を通知したい

    アラート内容によって対応方法をメールに付与することで
    運用ミスや初動の迅速化が可能

  • 障害レベルで通知方法を変更したい

    緊急度を定義し、「低:メール」、「中:Slack」、「高:電話」
    「緊急:自動再起動」の対応が可能

機能詳細

Alerts Flow

メール/API をトリガーに各種自動処理を行います。
→ 無人での自動障害復旧対応や、スマホからの遠隔操作、また、有人運用と絡めたハイブリッド運用を提供します。

image

各機能詳細は下記のリンクをクリックで表示します。

  • アラートの取り込み
  • フィルター機能
  • エスカレーション通知
  • システム間連携
  • 管理ポータル
  • アクショントリガー
  • 24時間有人対応

料金とサポート

Price / Support

月額

9,800円 ~

初期費用は一切かからずに、月額9800円から申し込み可能。
ニーズに合わせて多様なプランをご用意しております。

image

導入事例

Case Study
  • MSP事業者 A社様

    アラート数の削減と
    サービス品質向上

    [ 導入の背景 ]

    A社様はMSP事業を展開されており、監視アラートをもとに正常性確認や障害復旧対応をされていました。
    しかしながら、特定のお客様からのアラートが1000件/月を超過しており、アラート対応に多大の工数が発生しています。
    また、大量のアラートメールを受信するため、対応が漏れてしまったり、対応開始時間が遅延する等、サービスレベルの維持が困難となっていました。

    [ 導入の効果 ]

    監視アラートのフィルター化により
    アラートメール受信数 約68%を削減。
    対応数を削減した結果、対応工数の削減や、アラート対応の漏れや遅延がなくなり、サービス品質の向上を実現。

    image
  • 開発会社 B社様

    監視・障害対応業務を
    安価に委託

    [ 導入の背景 ]

    B社様は請負開発を主に展開されており、AWS上での開発がメインとなっています。昨今ではアプリケーション保守とあわせてインフラの運用についても受託し、運用業務も行っています。しかしながら、あくまで開発業務が主であり、運用業務に配属できる要員も限られていることから、運用業務を外部に委託することを検討していました。そのなかで、AWS環境の複数のポイントを監視できる環境を保持していることと、自社のコミュニケーションツールの「Slack」での障害通知ができることを要望としてあげていました。

    [ 導入の効果 ]

    監視・障害対応を外部に委託し、開発業務に専念できる体制を構築。
    複数ポイントからのアラートもAMFで一括管理し、フィルターによるアラート対応件数を減らすことで、運用委託費削減を実現。

    image
  • Webサービス事業者 C社様

    アラート対応の自動化による
    コスト減

    [ 導入の背景 ]

    アラートハンドリングをMSP事業者に委託し、対応が必要なアラートのみをオペレータ(人員)にてエスカレーションしてもらっていましたが、サービス料が高額で、人為的ミス(対応漏れ、あて先間違い等)も多発 していました。

    [ 導入の効果 ]

    フィルター及び自動電話機能により、アラート一次対応を自動化。
    手動オペレーション時に比べ、70%以上のコスト削減と、人為的ミスの撲滅を実現。

    image
  • Webサービス提供会社 D社様

    自動電話システムの
    早期リリースを実現

    [ 導入の背景 ]

    D社様は自社運用を行っていましたが、一次電話対応の
    工数削減を目的に、自動電話システム導入を決定しました。
    しかしながら、システム化を推進する要員が確保できず、遅延していました。
    そのなかで、迅速な自動電話システムの導入を目的にAMFの自動電話機能を利用することを検討頂きました。
    その他、エスカレーション管理方法での他社ベストプラクティスの活用や、 アラートのREST API受信(メール遅延が許されない)、インシデント管理の「Redmine」との連携等、柔軟な対応が求められておりました。

    [ 導入の効果 ]

    迅速な自動電話システムの導入のためAMFを利用することに。
    自社システムとの柔軟な連携により、大幅なシステム変更、業務フローの変更なく、一次電話対応の自動化が実現。

    image
よくある質問

メール受信

Q 対象システム毎に送信先のメールアドレスを分けているが対応は可能か。

A AMFの「受信アドレス」を複数設定することが可能です。またメールの本文等でフィルタリングし、エスカレーション先を分けることが可能です。

REST API受信

Q REST APIに対応できる監視ツールは何か。

A APIを保持しているツールであればどのようなツールでも対応が可能です。

監視ツール

Q 指定の監視ツールや対応できない監視ツールはあるのか。

A メールでのアラートを送信できれば、どのような監視ツールでもアラートの取り込みは可能です。※API Link機能によりAWS CloudWatchとの連携も可能です。

フィルター

Q 複数のIPアドレスやレンジでの登録がしたいが設定が大変ではないか。

A フィルターには正規表現が利用できますので、記述方法を理解していれば登録が簡素化できます。

Q フィルターの設定を代理で対応してほしい。

A お客様のご要望に応じ、初期の設定や運用中の追加、削除等のメンテナンス対応を代行することが可能です。

Q スイッチの障害等、大量にアラートメールが送信されるが、メールがあふれてしまう。

A 「まとめて通知」機能によって、同時期や同内容のアラートをまとめて1通にしてメール送信できます。

アクション

Q 自動再起動は助かるが、単一のアラートで再起動するのは少し乱暴ではないか。

A 「2回連続のpingエラーの場合」や「http監視とapacheプロセス監視の両方がエラーの場合」等、条件を詳細に設定でき、本当の障害時に再起動を行うことが可能です。

Q 致命的なエラーの場合、営業担当、技術担当、責任者に一斉電話をかけてほしい

A 自動電話エスカレーション機能にて一斉電話が可能です。

Q 電話エスカレーションを受けるのに、当社ではローテーションを組んで対応しているが、対応者の順番を都度変更する必要があるのか。

A エスカレーション管理機能により、日次、週次、月次でのローテーション管理が可能です。急遽の当日変更や1番固定等、柔軟な設定が可能となっています。

Q 資料に掲載されていないクラウドサービスを利用しているが、APIで連携が可能か。

A 個別でのカスタマイズにて対応を行います。

Q WEBサイトの障害ではインスタンス再起動で復旧対応しているが、自動で復旧対応が可能か。また外出先でPCがないときにメール通知で自動再起動が可能か。

A アラート条件によって再起動スクリプトやAPIを実行することが可能です。また、担当者のメールをもとに自動API実行を行うことが可能です。(アクショントリガー機能)

インシデント管理

Q 過去の障害履歴が見られるのか。

A インシデント情報はご契約内のものがすべて保管されています。またインシデント検索機能により検索が可能です。(件名、本文、日付、時間等)

カレンダー

Q 夜間、休日のみ自動電話、その他はメールでのエスカレーションがほしい。

A カレンダー管理機能で営業日を設定すれば平日/休日、平時/夜間のエスカレーション方法の切替が自動で対応可能です。

権限・セキュリティ

Q ポータルのセキュリティはどうなっているのか。

A ID/パスワード認証、及び接続元IPアドレス制限でのセキュリティを設定しています。(接続元IP指定は解除も可能)

Q MSP事業を行っており、複数のユーザーがいるが、その対応は可能か。

A ユーザ(システム)毎に「受信アドレス」をわけることで複数ユーザの管理が可能です。また権限管理機能により各担当者に編集/参照等の権限を付与することが可能です。

契約

Q 契約期間の縛りはあるのか。

A 最低ご利用期間として3か月間をお願いしております。なお、ハイブリッド運用サービスをご利用の場合は、1年間を最低利用期間とさせて頂いております。

Q サービス開始までどのくらいの期間がかかるのか。

A AMFのご提供まで5営業日を頂いております。その後のフィルタルールの作成、アクションルール作成等、運用テストの期間もありますが、1週間後~で利用開始が可能です。

その他

Q 自動化できないアラート対応がある。人的運用を対応してもらうことは可能か。

A 対応可能です。24時間365日対応のオペレータや運用SEが対応します。(ハイブリッド運用サービス)

Q サーバのスペックや台数、システム環境はどうなっているのか。

A セキュリティ上の理由により公表しておりません。

Q システムダウン(障害)時の体制や復旧時間はどうなっているのか。

A パブリッククラウド上にシステムを構築しており、すべての機能に冗長性をもたせています。万が一の際は24時間365日の運用体制を保持しており、迅速な復旧を目指します。

運営会社

社名
株式会社ビリーフワークス
本社所在地
〒101-0021 東京都千代田区外神田2丁目18-3第2昭和ビル 5階
設立
2006年 5月
資本金
1,000万円
役員
代表取締役 小林 崇
取引銀行
三井住友銀行 西荻窪支店
みずほ銀行 九段支店
日本政策金融公庫 東京支店
ホームページ
https://www.beliefworks.co.jp/
取得認定など
届出電気通信事業者(A-26-13838)

情報セキュリティマネジメントシステム(ISO/IEC27001)(認証登録番号 ISMS/0393)
image

パートナー
image image

問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

           お問い合わせへ