【GCP】Google Cloud Storageのファイルをダウンロードする

Google Cloud Storage(GCS)にファイルを同期(アップロード)するときの注意点を紹介しましたが、今回はローカルにダウンロードする方法の紹介です。

GCSからファイルをダウンロードするには、gsutil cp コマンドを使います。

使用方法)
gsutil cp “GCSのパス” “ローカルのパス”

実行例)

blank

ローカルのダウンロード先フォルダを開けばファイルがダウンロードされています。

ワイルドカードも使用できます。

blank

なお、GCSのファイルは管理コンソールからダウンロードすることもできますが、ファイル名に親フォルダのフォルダ名が付いてしまうので、ダウンロード後にリネームする必要があります。

blank

GCSをご利用の方の参考になれば幸いです。


GCPのアラート管理、障害対応自動化もAMFが利用できます。
AMFサービスの紹介ページは、以下よりご覧ください。

blank


関連記事

  1. blank

    正規表現って難しい?

  2. blank

    VMware WorkStationにOSをインストールするときのちょ…

  3. blank

    【GCP】gsutil rsyncの注意点

  4. blank

    clamav-milter の動作について

  5. blank

    【GCP】GCSのアカウントを削除する方法

  6. blank

    【GCP】Google Cloud SDKをWindowsにインストー…

最近の記事

  1. blank
  2. blank
  3. blank
  4. blank
  5. blank
よく読まれている記事 おすすめ記事
  1. blank
  2. blank
  3. blank
  1. blank
  2. blank
  3. blank
blank