【GCP】gsutil rsyncの注意点

Google Cloud Platform(GCP)のオブジェクトストレージ、Google Cloud Storage(GCS)を使う機会がありました。
GCSにrsync(gsutil rsync)を使ってファイル同期を試したのですが、ハマった点があったのでご紹介します。
なお、環境は

OS:Windows 10
Google Cloud SDK:269.0.0
gsutil:4.45

です。

1.ファイル、フォルダ名が日本語だとエラーになる

blank

現状Windowsでは根本的な回避策はないようです。
定期的にGCSにバックアップを取る運用を考えている場合、一番の制約になると思います。
また、ワード、エクセルでは問題なかったのですが、テキストファイルは中身が日本語だと転送先で文字化けします。

2.中身が空のフォルダは同期されない

gsutil rsyncでフォルダをGCSに同期するには、-r オプションを使います。
が、中身が空の場合は同期されません。フォルダの中に空のフォルダがあっても同期されません。
つまり、ファイルが1つでもないと同期されません。

3.SQL Serverの、使用中のデータベースのデータファイルは転送できない

blank

これが一番ハマりました。
エラーメッセージがPermission Deny だったのでmdfファイル、ldfファイルの権限を色々変更して試したのですが、使用中のデータベースのmdfファイル、ldfファイルは同期できないようです。
バックアップされたファイルは問題なく同期できます。

gsutil rsyncでGCSにデータを同期するには他にも制限があるかもしれません。
GCSの利用をご検討の方の参考になれば幸いです。

GCPのアラート管理、障害対応自動化もAMFが利用できます。
AMFサービスの紹介ページは、以下よりご覧ください。

blank

関連記事

  1. blank

    JmaterでSMTPサーバに負荷をかける方法

  2. blank

    正規表現って難しい?

  3. blank

    VMware WorkStationにOSをインストールするときのちょ…

  4. blank

    正規表現って難しい? Part 2(2桁以上の数字の連番表現)

  5. blank

    clamav-milter の動作について

  6. blank

    【AWS】DMSのタスクの状態を監視する方法

最近の記事

  1. blank
  2. blank
  3. blank
  4. blank
  5. blank
よく読まれている記事 おすすめ記事
  1. blank
  2. blank
  3. blank
  1. blank
  2. blank
  3. blank
blank