VMware WorkStationにOSをインストールするときのちょっとした落とし穴(Pane is dead)

CentOS8の検証環境が必要になったので、自分のPCのVMware WorkStationにインストールしてみました。
そして速攻でハマりました。なお、自分の環境は以下です。

OS:Windows10
Workstation Player:15.5.1

blank

Pane is dead

こう画面に表示されてインストールが始まらない。。。
設定を見てみると、CentOSのインストール用のiso以外に CD/DVDが追加されていて、
autoinst.isoをマウントするようになっていました。

blank

いったん仮想マシンをシャットダウンして、これを削除、もしくは”起動時に接続”を外すとインストールをすすめることができました。

そもそもインストールのときに”インストーラディスクイメージファイル”を選択して進めたのがよろしくなかったようです。
“後でOSをインストール”をすると、autoinst.isoはマウントされませんでした。

blank

Workstation Playerをお使いの方のお役に立てれば幸いです。

~仮想環境の障害対応の自動化もAMFで!~

AMFサービスの紹介ページは、以下よりご覧ください。

blank

関連記事

  1. blank

    正規表現って難しい? Part 2(2桁以上の数字の連番表現)

  2. blank

    正規表現って難しい?

  3. blank

    【AWS】DMSのタスクの状態を監視する方法

  4. blank

    【GCP】GCSのアカウントを削除する方法

  5. blank

    【GCP】gsutil rsyncの注意点

  6. blank

    【GCP】Google Cloud SDKをWindowsにインストー…

最近の記事

  1. blank
  2. blank
  3. blank
  4. blank
  5. blank
よく読まれている記事 おすすめ記事
  1. blank
  2. blank
  3. blank
  1. blank
  2. blank
  3. blank
blank