コラム

【GCP】Google Cloud SDKをWindowsにインストールする手順

これまでgsutilコマンドの使い方を紹介しましたが、今回はWindowsでgsutilコマンドを使うためのGoogle Cloud SDKをインストールして初期化する手順をご紹介します。


まず、インストーラーのダウンロードです。
“google cloud sdk windows”で検索をかけるとダウンロードページがヒットします。
2020年3月現在のダウンロードページはこんな感じです。


2番の「Google Cloud SDK のインストーラ」をクリックするとインストーラーがダウンロードされます。


ダブルクリックしてインストーラーを起動します。

デフォルトのまま次へ次へ進めてよいかと思いますが、インストールするユーザ、パス、コンポーネントなど、お好みに合わせて設定を変更してください。

完了画面で”Start Google Cloud SDK Shell”、”Run ‘gcloud init’ to configure the Clud SDK”にチェックを付けた状態で”Finish”をクリックすると、コマンドプロンプトが開いてSDKの初期化が実行されます。


                    ↓


初期化を続行するためにログインを求められます。Yを入力しましょう。

Googleのログイン画面が開きます。お持ちのアカウントでログインしましょう。


Google Cloud SDKのアクセスを許可します。


作成済みのプロジェクトを使用する場合は、プロジェクトの番号、新規に作成する場合は”Create a new prooject”の番号を入力します。
ここでは、既存のプロジェクトを選択します。


デフォルトのリージョンを選択するかどうか聞かれます。
Yを入力するとずらずらっとリージョンが表示されるので、お好みのリージョンの番号を入力します。

※ちなみに、32はasia-northeast1-b です。

以上で設定は完了。

とっても簡単です!






GCPの障害対応自動化もAMFが利用できます。
AMFサービスの紹介ページは、以下よりご覧ください。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

           お問い合わせへ