• AMF

Jira Software連携機能をリリースしました

Jira Software(以下「Jira」)とのAPI連携機能をリリースしました。

本アクションにより、フィルタにマッチしたインシデントをJiraの課題として自動登録をすることが可能となります。
これにより、Jiraを活用した運用現場において、今までと同様の運用プロセスで対応することが可能となります。
 ※今まで同様、Jiraをインターフェイスとした運用を継続できます。
  それに加え、AMFの効果で対応すべきインシデント数を減少させることができます。

 設定方法

1. アクションの作成
 Jira通知用のアイテムを選択します。入力パラメータの登録画面が表示されますので、情報を登録します。

2. フィルタとの紐づけ
 フィルタマッチした場合のアクションの設定画面で、1項で作成したアクションを選択し紐づけします。

blank

3. インシデントの取り込み/フィルタ適用
 取り込んだ(メール受信した)インシデントがAMFに登録され、フィルタチェック後、条件に従い、自動でJiraに登録されます。

 Jira Softwareとは?

あらゆるチームのコラボレーションを強化するアジャイル作業管理ソリューション スイートであり、連携を最大限に高められるプロジェクト管理ツールです。(https://www.atlassian.com/ja/software/jira より引用)

blank

AMFをご利用の方で「Jira」でインシデント管理をされている方は、ぜひご活用ください。

~まだAMFをご存知ない方へ!~

AMFサービスの紹介ページは、以下よりご覧ください。

blank

関連記事

  1. blank

    【AMF】機能追加のご連絡(高品質音声オプション)

  2. blank

    【AMF】機能改修(2023年6月度)のお知らせ ~最大入力文字数の拡…

  3. blank

    セキュリティ強化対策を実施しました

  4. blank

    タグ機能をリリースしました

  5. blank

    フィルタ有効・無効の簡素化、及び共通アクションをリリースしました

  6. blank

    AMFサービスサイトをリニューアルしました。

最近の記事

  1. blank
  2. blank
  3. blank
  4. blank
  5. blank
よく読まれている記事 おすすめ記事
  1. blank
  2. blank
  3. blank
  1. blank
  2. blank
  3. blank
blank