コラム

【AMF】2021年4月度リリースのお知らせ(フィルタ強化 第3弾)

フィルタ強化 第1弾の「フィルタのエクスポート機能」、第2弾の「フィルタの検索機能」、
そして、今回、第3弾として、「フィルタのインポート機能」をリリース致しました。



インポート機能の概要

AMFサービスの性格上、フィルタ設定は非常に重要な要素を含みます。
よって、間違った情報をインポートして業務に支障がでないよう、多少の手間はかかりますが、
インポート機能のご利用により、設定作業の省力化が図れるかと思います。




 

フィルタインポート機能で実現できること(例)

 ・フィルタ情報の一括変更
 ・受信アドレスをまたぐフィルタの一括複製
 ・フィルタの標準テンプレート化(容易な横展開)
 ・その他、通常のフィルタ追加についてもインポート可能


インポートの流れ

 1. 専用Excelファイルをダウンロードする。
 2. フィルタをエクスポートする。
 3. 専用ExcelファイルでフィCSVファイルをを読み込む。
 4. 専用Excelファイルでフィルタデータを編集する。
 5. 専用Excelファイルでインポートファイルを作成する。
 6. インポートファイルをアップロードし、インポートする。
 7. フィルタを本番反映する。

ポイントは、インポート用の専用Excelがあることです。そのファイルでフィルタデータを
作成して頂き、インポートファイルに変換した後に、AMFにインポートします。


インポート画面



AMFをご利用の方は、ぜひご活用ください。


~まだAMFをご存知ない方へ!~

AMFサービスの紹介ページは、以下よりご覧ください。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

           お問い合わせへ



「アラートメールフィルタ」が
 IT導入補助金対象ツールに登録されました。

  最大150万円の補助金が交付されます!