コラム

【AMF】2021年9月度リリースのお知らせ(Jira Software連携)

Jira Software(以下「Jira」)とのAPI連携機能をリリースしました。


本アクションにより、フィルタにマッチしたインシデントをJiraの課題として自動登録をすることが可能となります。
これにより、Jiraを活用した運用現場において、今までと同様の運用プロセスで対応することが可能となります。
 ※今まで同様、Jiraをインターフェイスとした運用を継続できます。
  それに加え、AMFの効果で対応すべきインシデント数を減少させることができます。

<設定方法>


1. アクションの作成
 Jira通知用のアイテムを選択します。入力パラメータの登録画面が表示されますので、情報を登録します。

2. フィルタとの紐づけ
 フィルタマッチした場合のアクションの設定画面で、1項で作成したアクションを選択し紐づけします。


3. インシデントの取り込み/フィルタ適用
 取り込んだ(メール受信した)インシデントがAMFに登録され、フィルタチェック後、条件に従い、自動でJiraに登録されます。



AMFをご利用の方で「Jira」でインシデント管理をされている方は、ぜひご活用ください。

Jira Softwareとは?

あらゆるチームのコラボレーションを強化するアジャイル作業管理ソリューション スイートであり、連携を最大限に高められるプロジェクト管理ツールです。(https://www.atlassian.com/ja/software/jira より引用)


~まだAMFをご存知ない方へ!~

AMFサービスの紹介ページは、以下よりご覧ください。




お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

           お問い合わせへ



「アラートメールフィルタ」が
 IT導入補助金対象ツールに登録されました。

  最大150万円の補助金が交付されます!