コラム

【GCP】Google Cloud Storageのファイルをダウンロードする

Google Cloud Storage(GCS)にファイルを同期(アップロード)するときの注意点を紹介しましたが、今回はローカルにダウンロードする方法の紹介です。

GCSからファイルをダウンロードするには、gsutil cp コマンドを使います。

使用方法)
gsutil cp “GCSのパス” “ローカルのパス”

実行例)
ローカルのダウンロード先フォルダを開けばファイルがダウンロードされています。

ワイルドカードも使用できます。


なお、GCSのファイルは管理コンソールからダウンロードすることもできますが、ファイル名に親フォルダのフォルダ名が付いてしまうので、ダウンロード後にリネームする必要があります。


GCSをご利用の方の参考になれば幸いです。




GCPのアラート管理、障害対応自動化もAMFが利用できます。
AMFサービスの紹介ページは、以下よりご覧ください。


お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

           お問い合わせへ





アラートの一次対応や障害対応の自動化が
早く、安く、カンタンに実現できます。
 <実績>
 ・アラート対応数 68.0%の削減に成功!
 ・運用費 73.3%の削減に成功!
 ・自社開発3か月の予定が2週間で導入が完了!